睡眠不足の悩み

睡眠不足になると。てきめんにお肌に影響でますね。ここ最近スマートフォンの普及で、夜くなってしまう方が、増えているです。私も持ち出してからは、夜中までスマートフォンでSNSを楽しんでいました。後、人間関係でのストレスで寝つきが悪く、気が立っていると益々寝られない日々が続きました。睡眠不足で夜中眠れずに、イライラしてヤケ食いをしてしまい、体重も増えてしまいました …read more

育毛剤に頼って…

僕は20代前半から俗に言うM字ハゲになりました。最初は楽観的な性格上あまり気にしなかったのですが25歳から急に毛根がやる気を失い禿げ上がり焦ります。その時に頼ったのが血行を良くする育毛剤です。使い始めはスースーして夏に始めたので気持ちよかったのですが冬になりこのスースーさがかなり苦痛になってやめてしまいました。正直その間育毛剤の効果があったのかと言うとよくわ …read more

がんの影響で薄毛になりウィッグをかぶりました

乳がんになり放射線の治療のために髪が薄くなってきました。今まで健康な長い髪が自慢の私でしたので、日に日に薄くなる髪を見てものすごいショックを受けてしまいました。常に帽子をかぶらないといけませんし、外出するのが大好きな私でしたが、外に出ることさえも嫌になり、ほぼ引きこもりの生活をしていました。病院は無事退院できましたが、どうしても自分の髪が気になり病院と家だけ …read more

背中ニキビケアに苦労しています。

3年前の夏、背中の開いた可愛いブラウスを見つけました。試着をして、ますます気に入って「買います」と店員さんを呼ぼうと思った、その時。試着室の鏡に映った自分の背中に青ざめました。 なんと背中に赤いブツブツがたくさん出来ていたのです。こんな背中じゃ着こなせないと思い、泣く泣くブラウスの購入を諦めました。 それからというもの、背中ニキビケア方法を探す日々。 まずは …read more

ニキビ対策べルブラン

毎日ちゃんと顔を洗っているのに、久しぶりにニキビが出来てしまいました。 おでこのはじっこに、赤いニキビ。 幸いぱっと見はわかりませんが、髪の毛を耳にかける癖がある私は触りやすく、耳にかけた時には見えてしまいそうになります。 最近は食生活が偏っていたからかな、と思い野菜をしっかり食べようと心掛けると共に、友人にオススメされたべルブランを使ってみました。 べルブ …read more

高野ゆりオールインワンジェルを愛用中

私が今現在も愛用しているのは、たかの友梨化粧です。もともと、乾燥肌でザラザラしていたのが気になっていたのと、口まわりの粉ふきに、ひどく悩んでいました。このオールインワンを使うことになったきっかけは、母親でした。母親がずっと使っており、私の肌を見かねて、使ってみなさいとのことで使用を始めたのがきっかけです。もともと、肌も弱かったため、つけていることで吹き出物な …read more

年齢肌化粧品ストレピア使ってファンデはBBクリーム

私は以前から、年齢肌に悩みがあり、ストレピアという化粧品を使っています。 それは気に入っているのですがファンデーション選びに悩んでいました。 ストレピアシリーズで しみくすみがすくなくなったものの やはり若々しくツヤツヤになれるBBクリームはないかな? BBクリームはさっとひと塗りなので大好きなんです。 日本のものや韓国のものなど、様々なBBクリームを使って …read more

ニキビ対策にはみんなの肌じゅんとう

私は今まであまりニキビに悩まずに過ごしていました。しかし、社会に出て働きはじめてから不規則な生活とストレスにより顔に大量の赤ニキビができてしまいました。 最初はファンデーションやコンシーラでニキビを隠していたのですが逆にそれが悪化の原因になり、よりひどい状態になってしまいました。 なんとかニキビを治そうと色々なニキビケア商品を試してみましたが、アトピー持ちで …read more

不快感一切なしのオイルクレンジング

クレンジング剤は、今まで本当に色々使いました。 昔ながらの拭き取るタイプのクリームタイプはもちろん、オイルの汚れはオイルで落とせ!と言われた時代もあったので、ベッタリするタイプのオイルタイプのもの、果ては簡単便利なシートタイプのものまで、ありとあらゆるタイプを使ってみました。 でも、今使っているのは、近所のドラッグストアーで700円弱で手に入るちふれのオイル …read more

保湿のための化粧品探し

冬だけに限らず、とにかく年中乾燥が悩みです。ひどい時だと普段使っているスキンケアでもピリピリしてしまったり、赤みがでてしまうことがあります。スキンケアを選ぶときはとにかく【保湿】を重視して選んでいます。その中で化粧水、乳液の基本のケアの中でクリームが欠かせません。ずっと同じクリームを使うのではなく、季節や、その時の肌状態に合わせて変えるようにしています。夏場 …read more