母が倒れた

母が倒れた。
脳梗塞だった。

朝電話で話をして
お昼頃手が痺れて来たらしい。
いつもと違う感じがして

父に言うと
ただの肩こりだろうといわれたらしいが
母は危険を察知して
一人バスで病院に行った。

医師から脳梗塞と告げられ
なんでバスで来たかと

脳梗塞は時間の問題だからだ。
幸い軽く済んで
指先のしびれが多少残った。

医師からはストレスはありませんか?
と聞かれたがありませんと答えたらしい。

私は遠く離れて生活しているため
なかなかお見舞いに行けなかった。

私が考えるに父との生活がストレスだと思う。
母は定年まで仕事してきた人だが

定年してから父の食事作りに手を抜かなくなった
1日3度の決まった時間。

外食などしない。
漬物、みそ、干物など母が手作りだ。

父は父で同じ干物が2回続くと芸がないと
責めるらしい。

だから母が入院して何もわからなくて
家事一切できなかった父。

お母さんお父さんより先に死なないでね。
長生きしてね。

 

Prev

Comment

コメントを残す